空腹時に見てはいけないブログ

【2019年6月引っ越し】Yahooブログで累計1700万人が訪問!

究極に美味しいアジフライ@外房 伊勢エビと岩牡蛎は脇役







外房・一宮にて。

朝獲れたばかりの旬アジを、その日のうちに調理して食べる!
美味しさの秘訣はたったこれだけ!
ブランド鰺を使うわけでも、一流料理人が作るわけでもありません。
値段はキロ800円とごく普通。作り方もごく普通です。

【写真1枚目】ここが調理場(?)
旅先でもやっぱり料理を作ります(笑)。
九十九里を一望するリゾートマンションの12階の部屋を仮りて、
買ってきた魚介をさばきます。

【写真2枚目】これが究極のアジフライ
見た目はごく普通の鰺フライですが、やはり光りモノは鮮度が命!
我々が都会で食べるものとは全く次元の異なる味です。
青魚特有の臭味は全くなく、ホクッとした食感と自然な甘味が!
どんな高級魚よりも美味いんじゃないか?と本気で思いました。
ちなみに一晩冷蔵したアジで作ると、ほんとにごく普通のアジフライなります(笑)。

【写真3枚目】アジの刺身
これも激旨! 光りモノらしからぬ濃厚さと甘味があり、しかも青魚らしい鮮烈感もある!
目隠しして食べたら上等なカンパチか何かと勘違いするかも。
鯛やヒラメが薄っぺらで単調な味に思えてしまいます。
ちなみに、同じアジでも一晩冷蔵すると(以下略)。

【写真4枚目】伊勢エビ(1尾2500円)
千葉県・大原漁港は伊勢エビの漁獲高が日本一!
実は私、伊勢エビって特別美味しいと思ったことがありません。
刺身で食べると身が固い割にコクがないし、加熱するとパサパサで大味になるし…。
私的には「エビって小さいほど美味しいのでは?」なんて思ったり。
今回は純米酒と塩だけで軽く茹で、加熱しすぎないように気をつけました。

【写真5枚目】岩ガキ(キロ1200円)
活きた物を殻ごと買ってきたので当然新鮮!
レモンと塩をかけて生で食べました。

【写真6枚目】あさりの酒蒸し
これで300円は安い! しかも新鮮で美味しい!
純米酒だけで蒸しました。